見づらくてすみません。もっと、利用しやすくなるように改善して参ります。

①-6 睡眠とホルモン

スポンサーリンク
睡眠の役割
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

睡眠とホルモンについて

睡眠と関わるホルモンでどんなものがあるのでしょうか?

睡眠検定1級のこの私、そうきちができるだけわかりやすく解説します。

睡眠に関わる様々なホルモンがあって、代表的なホルモンとして成長ホルモン・コルチゾール・メラトニンがあります!

この記事は2分で読み終えることができます。たった2分この記事を読むことで睡眠とホルモンの関係性を知ることができ、且つ、生活パターンを変える事で最高な睡眠ライフを送るヒントがあるかもしれません。

睡眠と3つのホルモン

睡眠中に分泌されるホルモンの中で代表的な3つ紹介していきます!

睡眠と関係するホルモン その① 成長ホルモン

成ホルモンは1日の中で1~3時間毎に分泌されますが、最も成長ホルモンが多く分泌されるのは、1回目の睡眠周期の睡眠段階3+4の時に最大となります。

成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンです。

成長ホルモンはタンパク質の合成を促進し、体の成長や疲労回復に重要な役割を果たしています。

睡眠と関係するホルモン その② コルチゾール

コルチゾールの分泌量は眠り始めの時は最低の量しか分泌されませんが、徐々に増えていき、起床前後で最大となります。

コルチゾールは副腎皮質ホルモンから分泌されるホルモンで、血糖値の上昇の他、抗炎症作用を持ちます。

コルチゾールはストレスの指標として用いられることもあります。

睡眠と関係するホルモン その③ メラトニン

メラトニンは日中は分泌されず、夜間に分泌されます。メラトニンは、普段の寝る時間の1~2時間前じから始まります。その後、徐々に増えていきます。最低体温の1~2時間前に分泌量は最大となります。その後は減少していきます。

しかしながら、夜間でも明るい光ににさらされると、その分泌量は抑制されてしまいます。

まとめ

まとめ

睡眠に関わるホルモンの中で代表的なもの3種類あります!

成長ホルモン・コルチゾール・メラトニンの3種類です。

成長ホルモンは睡眠中に成長を促し、コルチゾールは活動に欠かせないホルモンです。メラトニンは夜に分泌されるホルモンで睡眠を促します。

睡眠不足になるとこれらのホルモンはちゃんと分泌されません。ホルモンバランスが崩れてしまいます。いつもと同じ時間に寝て、いつもと同じ時間に起きるように生活習慣を整えていく必要があります!

「睡眠検定ハンドブック」 この本を参考にしました!

「睡眠検定ハンドブック」

この記事の参考にさせていただきました!1度読んだだけではとても理解できず、何回も読んでいく中で少しづつ理解が深まってきました。

この本のお陰で睡眠検定1級も取得することができました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました