寝るの最高!

質の良い睡眠を

森林公園でイルミネーション!

雑記
雑記

家族4人で森林公園に遊びに行きました!

 https://www.shinrinkoen.jp/

森林公園は東京ドーム65個分のとても大きな公園です。

今回の目的は4つ。

1つ目は「ぽんぽこマウンテン」

息子
息子

ぽんぽこマウンテンは日本一おおきな

エアートランポリンです!

2つ目は芝生でひたすら遊ぶ!

3つ目はキックボードを乗り回す!

4つ目は「紅葉見ナイト(もみじみないと)」

ママ<br>
ママ

森林公園では毎年開催され、

紅葉のライトアップと大規模な

イルミネーションを楽しむイベントです。

ママは夜景やイルミネーションが大好きで、毎年この時期になると

「行きた~~~い」と繰り返し言ってきます。

昨年はタイミングが合わず行けませんでした…が、

今年は休みも取ることが出来、

行けることになりました!

ママ
ママ

やったー!

娘

よっしゃー!

森林公園へ出発!

森林公園には入り口が4か所あります。

1つ目の目的である「ぽんぽこマウンテン」は

南口にあるので、南口を目指します!

当日は日曜日。車も渋滞に次ぐ渋滞…

ノロノロ運転が続きます。

途中、トイレも挟んで、

約2時間後…

ありました!到着です!

森林公園に到着!

お弁当・飲み物、キックボードを車から降ろします。

さあ、乗り回すぞ!

しかし…

キックボードは禁止みたいです。

泣く泣くキックボードをしまいに車に戻ります。

息子
息子

はあ・・・・

残念・・・

仕切り直しで入場です。

昼間でも紅葉はキレイです。

歩き続けて…

歩いて…

歩いて…

さらに歩いて…

もうすぐかな…

ぽんぽこマウンテン発見!

目的① 「ぽんぽこマウンテン」

ハイジャ~~~ンプ!

イエ~~~~イ!

娘

楽しい!

 

息子
息子

楽しい!

2人の子供は飽きずにひたすら跳ね続けます。

ジャンプするだけなのに、なにがそんなに楽しいのか…。

目的① 「ぽんぽこマウンテン」 達成!

目的② 芝生でひたすら遊ぶ

息子は今、「ロンダート」という側転にハマっています。

「ロンダート」とは

プロレスラーの武藤敬司が若手の頃に

よく使っていた「側転エルボー」。

あれです。

「ロンダート」にハマったのは

クラスの友達の影響です。

カッコイイ! 着地も成功! 

目的③ キックボードは…

こちらは持ち込み禁止だったので断念。

一方で大人達はバドミントンを楽しみました。

ラリーは全く続かず…。

ママ
ママ

ラリーは8回が最高記録。

ママ
ママ

次の目標は「10回」ね!

私

はい。

目的④ 紅葉見ナイト(もみじみないと)

ひとしきり遊び、夕方近くなり、

あたりも薄暗くなってきました。

さて、いよいよ本命の

「紅葉見ナイト」です。

ぽんぽこマウンテンは「南口」にありました。

「紅葉見ナイト」は「中央口」でのイベントになります。

車で「南口」から「中央口」へ移動します。

再入園券が必要です。

再び、入場するには「再入園券」が必要です。

係の方に発行してもらいます。

その時に係の方に言われたのは…

係の人
係の人

中央口・駐車場は満車です。

「紅葉見ナイト」行かれる方は

専用バスのご利用か、

徒歩での移動になります!

マジか…

専用バスをチェックします。

ママ
ママ

専用バスが劇込みよ。

「密」よ!

密の状態は避けたいところ。

私

じゃあ、歩きで移動かなあ…。

娘

歩くのヤダ!

息子
息子

歩くのヤダ!

「南口」から「中央口」までの距離は約2キロ。

歩いて30分~40分掛かります。

「密集な専用バスを利用するか」VS「歩くか」

家族会議が続きます。

結論:「歩く」ことにしました!

真っ暗…

何にも見えない…

街頭はほとんど無く、真っ暗な道が続いています。

車のヘッドライトが頼りです。

救いなのが、他にも歩いている人達がいたこと。

その後に続いていきます。

真っ暗な中、ひたすら歩き続け…

30分後。

やっと、到着。

綺麗。

幻想的。

キレイ。

きれい。

綺麗。

美しい。

まあまあキレイ。

娘撮影。

帰りも真っ暗な中30分かけて歩きました。

いざ。家路へ

とにかく、歩きまくりました。

この日の徒歩数は21874歩。623㌔カロリー消化。

(マイスマホより)

今回の反省点は

  • ①今回は行ったのは日曜日。とにかく混んでいたので、次回は週末を避けるべき。
  • ②ポンポコマウンテンは実は「南口」からでも「中央口」からでも徒歩20分程度
  •  かかることが判明。次回の駐車場は「中央口」にする。

来年に活かしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました