寝るの最高!

質の良い睡眠を

経営指標~総資産回転率・ROA・ROEについて

投資
投資

PERやPBRは「株価」の状況から視る指標ですが、純粋にその企業の経営状況を把握するための指標があります。それが「総資産回転率」「ROA」「ROE」です。いずれも決算書であるバランスシート、損益計算書で計算することができます。

「ROA」と「ROE」は四季報にも掲載されています。

総資産回転率とは

バランスシートにある「総資産」と損益計算書の「売上高」で比較します。

例えば、総資産が1億円で売上高が1億3000万円だった時の総資産回転率は1億300万÷1億円=1.3回転になります。

業種にとって、回転率が高い・低いの判断基準は異なります。

いずれにせよ、高い方が良いです。

ROAとは?

バランスシートの「総資産」と損益計算書の「当期純利益」で比較します。

例えば、総資産が1億円ので当期純利益が500万円の時のROEは500万÷1億円=5%

ROA5%は良質な企業だと言えます。いずれにせよ、ROAに関しても高いほど良いです。

ROEとは?

バランスシートの「自己資本」と損益計算書の「当期純利益」で比較します。

ROEは自己資本を元手にどれだけ利益を生み出すことができたのかをみる指標です。

自己資本はバランスシート内の「株式資本+その他の包括利益累計額」で求めることができます。

ROE(%)=当期純利益÷自己資本

ROEの目安は10%。20%を超えると優良企業だと評価されます。

ROEは割安株よりも成長株を探すときに役立ちます。

一般的にはROEが高ければ収益力の良い企業という評価がされます。

中には、ROEが高いにも関わらず、株価が低く、株価が正当に評価されていないこともあります。これは買いのチャンスです。

レバレッジ経営を見極める。

レバレッジ経営とはハイリスク・ハイリターンな経営のことをいいます。金融機関からたくさんのお金を借りて、積極的な事業で多くの利益を得ようとする方法です。

企業がレバレッジ経営をしているのかどうかを見極めるのに、「ROE」と「ROA」を差を視ることで把握することができます。

レバレッジ経営をしている企業は「ROE」と「ROA」が数値が極端に違います。

  • ◎レバレッジ経営をしていない企業→ROEとROAの差は2~3倍程度
  • ◎レバレッジ経営をしている可能性のある企業→ROEとROAの差は3倍以上

一例として、「自治体向けに電力を販売している」某銘柄の四季報で調べてみます。

この銘柄のROEは75.4%、ROAは10.2%。

75.4÷10.2=7.39倍も違います。

「電力事業の運転資金にするため、20億円調達」とコメントありました。

よって、積極的な事業を展開していると判断することができます。

レバレッジ経営を行っている企業は「ROE」が高い傾向にあります!

タイトルとURLをコピーしました