寝るの最高!

質の良い睡眠を

年末調整の時期がやってきました②

節税
節税

前回に続いて年末調整ネタになります。前回は「扶養控除」がメインでした。

今回は保険関係についてになります。

生命保険料控除

いわゆる「生命保険」ですね。保険会社から送られてくる「保険料証明書」を見ながら、書き写すアレです。

控除額の計算方法について
  • ①平成24年1月1日以後での締結保険契約(新契約)
  • ◎支払った保険料が20,000円以下の時は→→支払った保険料の全額が控除額
  • ◎20,000円超え40,000円以下の時は→→支払った保険料×1/2+10,000円が控除額
  • ◎40,000円超え80,000円以下の時は→→支払った保険料×1/4+20,000円が控除額
  • ◎80,000円超えの時は→→一律40,000円が控除額
  • ②平成23年12月31日以前締結の保険契約(旧契約)
  • ◎支払った保険料が25,000円以下の時は→→支払った保険料の全額が控除額
  • ◎25,000円超え50,000円以下の時は→→支払った保険料×1/4+12,500円が控除額
  • ◎50,000円超え100,000円以下の時は→→支払った保険料×1/4+25,000円が控除額
  • ◎100,000円超え→→一律50,000円が控除額
生命保険控除の種類

「一般の生命保険料」「介護保険料」「個人年金保険料」で区分されています。

計算方法はすべて同じです。

私の場合は「一般の生命保険料(新契約)」で24000円。

24000円×1/2+10000円=22,000円が控除額

また、「介護保険料」では12000円支払っているので、

12,000円がそのまま控除額となります。

地震保険料控除

  • ①地震保険料が支払った保険料は50,000円を限度にそのまま控除額となります。
  • ②契約期間10年以上で且つ満期返戻金のあるもの
  • ◎支払金額10,000円以下の時は→→支払った保険料全額が控除額。
  • ◎10,000円超え20,000円以下の時は支払った保険料×1/2+5,000円
  • ◎20,000円超→一律15,000円

私の場合は8,200円なので、そのまま全額控除額。

社会保険料控除

会社から毎月天引きされているもの。健康保険や雇用保険などです。これは全額控除されます。

源泉徴収票には1年過分の「社会保険料」の全額が記載されています。

この金額が社会保険料での控除額になります。

小規模企業共済掛金等控除

個人型確定拠出年金(iDeCo)のこと。

私はiDeCoをやっていないので、関係なし。

以上をまとめると…

すべての控除について計算しました。次は控除額の合計を計算します。

基礎控除額は?

小学生2人と大人2人の家族4人なので、基礎控除額は38万円×大人2人=76万円

給与所得控除額は?

私の年収は600万円。計算式(収入額×20%+44万)に当てはめると

600万×20%+44万円=164万円

配偶者控除額は?

私の妻はパートタイマー。給与所得控除55万円

扶養控除額は?

我が家は小学生の子供2人だけなので無し。

生命保険の控除額は?

一般の生命保険料控除額 20000円

介護保険の控除額 12000円

地震保険料控除額は?

地震保険料控除額は8200円

社会保険料控除額は?

今年の給料は昨年とほぼ同じ。昨年の源泉徴収票で調べました。

社会保険料の金額は90万円ぐらいだろうと予想。

合計の控除額は

760,000+1,640,000+550,000+20,000+12,000+8,200+900,000=3,890,200円

よって3890200万円が控除額。かなり不安ですが…。

私の所得額は…

私の年収は約600万円。

所得額は給料から控除額を引いたものなので、

6,000,000円-3,890,200円=2,109,800円が私の所得額になります。

私の所得税はこの所得額に課税されることになります。

所得税を計算してみる

所得税にも計算式があります。

  1. 所得金額が195万円以下の時→所得金額×5%-0円=所得税額
  2. 所得金額が195万円超330万以下の時→所得金額×10%-9万7500円=所得税額
  3. 所得金額が330万超695万以下の時→所得金額×20%-42万7500円=所得税額
  4. それより上の高所得に関しては抜かします。

私の所得金額は2,109,800円。

私の所得税は2,109,800円×10%-97,500円=113,480円。

所得税を計算するのに、〇〇控除とか✖✖控除とか計算して、いろいろ複雑でした。単純に収入の何%にすればいいのに。と思うのですが、複雑にしなくてはならない理由があるのでしょう。

この計算で正しいのかどうか??…12月か1月の給料明細で確認したいと思います。

今回は触れませんでしたが、その他の控除に「医療費控除」「配当控除」というものがあります。どうやら、これらの「控除」は確定申告をすることでいくらかの節税効果があるらしいです。今年は確定申告にチャレンジしてみたいと思います。

確定申告についてもアップしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました