寝るの最高!

質の良い睡眠を

決算書の見方(バランスシート)

投資
投資

昨年より、株式投資をやっています。銘柄選びをする上で、その企業の業績状況を把握することはとても重要なことです。

業績を調べるのに、必要なのが決算書。決算書の見方がわからないと前に進むこともできません。今回は私が勉強して、ど素人なりにわかったことを案内したいと思います。

決算書とは?

決算書とはその企業の1年間の成績表のことをいいます。

決算書の基本構成

  1. 貸借対照表(BS バランスシート)⇒資産と資本のバランス
  2. 損益計算書(PL プロフィットアンドロス)⇒売上と利益がわかる。
  3. キャッシュフロー(CF)⇒お金の流れがわかる。

の3種類が基本構成となっています。

決算書の中で重要とされているのが、「BS」「PL」とされています。ただ、「CF」に関しても上場企業は公表する義務はあります。

バランスシート(BS)について

BSの基本的な仕組みは以下の通り。資産(左)=資本(右)となっている。

資産(左)⇒現金を生み出すもの。   

資本(右)⇒資産を生み出すための必要な資金。負債(他人資本)純資産(自己資本)

資産資本
資産負債
流動資産1年以内に現金化できる資産のこと。流動負債1年以内に払わなければいいけないもの。
 現金及び預金 短期借入金
 受け取り手形 未払い金
 その他流動資産固定負債1年以上かけて返済するもの。
固定資産1年以上保有する資産のこと。
     建物・土地・保証金など。
 長期借入金
 有形固定資産 退職給付引当金
 無形固定資産純資産資本ともいう。返済義務のないもの
 投資その他の資産 資本金設立資金
 利益剰余金内部留保。年々の純利益はここに累積。
 繰り延べ資産

理想的なBSとは?

☆左上(流動資産)&右下(純資産)⇒厚く、左下(固定資産)&右上(負債)⇒スッキリ

これが理想形! 上下左右でバランスを視る!

項目別の目安は?

資産

  • 現預金:月商の3か月分以上
  • 売掛金:月商の1か月分以内
  • 在庫:売上原価の1か月分以下
  • 固定資産:利益を生む資産ばかり

資本

  • 流動負債:流動資産の2/3以下
  • 固定負債:当期純利益の5倍以内
  • 負債の比率が少ない
  • 利益剰余金はたくさんあるほど良い
  • 自己資本比率30%以上

※自己資本比率=純資産÷資産合計額 株式サイトで銘柄調べをしていると、よく目にします。

上記のポイントを踏まえ、各企業のBSを眺めていると、何となくですが、その企業の財務状況を把握することができます。

今回はバランスシート編でした。まだ勉強中ということもあり、不足している部分もあるかと思います。新たにわかったことついては随時、更新していきたいと思います。

次回は「PL・損益計算書」について案内したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました