寝るの最高!

質の良い睡眠を

株初心者向け!これだけ知っていればローソク足の見方がわかる!

株式投資
株式投資

株式投資を始めるにあたり、いろいろな予備知識や準備が必要となってきます。その中の一つで「株価チャートを読むことができる。」というのがあると思います。

株価チャートで有名なのでは「ローソク足」。株初心者の方でも一度は見たことがあると思います。チャートが上がっていれば株価も上昇。チャートが下がっていれば、株価は下落。株初心者の方々にとってはその程度ならわかるかと思います。 

ローソク足

そうきち
そうきち

株価チャートといえばコレですよね。

ローソク足はチャートの上がり下がりだけではなく、多くの情報を読み取ることができます。

この記事では株初心者にとって、「とりあえずこれだけ知っておけば株価チャートを読むことはできるだろう!」ということだけに絞ってまとめました。

ローソク足とは

ローソク足は、ある一定期間の始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値、安値の4つの価格をひと目でわかるようになっています。

  • 始値(はじまりね)…一定期間内で最初についた株価
  • 終値(おわりね)…一定期間で最後についた株価
  • 高値(たかね)…一定期間で最も高い高くついた株価
  • 安値(やすね)…一定期間で最も安くついた株価
そうきち
そうきち

始値・終値・高値・安値の4つの価格の事を「4本値」といいます。

そうきち
そうきち

「ある一定期間」って何だか漠然としていますが、「ある一定期間」以下の通りに使い分けします。

  • 1分足(いっぷんあし)…1分単位で表示されるローソク足
  • 5分足(ごふんあし)…5分単位で表示されるローソク足
  • 日足(ひあし)…1日単位で表示されるローソク足
  • 週足(しゅうあし)…1週間単位で表示されるローソク足
  • 月足(つきあし)…1月単位で表示されるローソク足
そうきち
そうきち

投資のスタイル・目的に応じて、「ある一定期間」の設定を使いこなします。

1分足・5分足であればデイトレード、日足や週足チャートであれば、スイングトレードなど。中長期投資であれば、全部のチャートをチェックするとか。

ローソク足の見方

始値より終値が高いとローソクの色は「白」となり「陽線」と呼びます。

逆に始値よりも終値が低いとローソク足は黒となり「陰線」と呼びます。

ローソクから出ている棒状のものが「ヒゲ」いいます。

上に生えているのが「上ヒゲ」。下に生えているのが「下ヒゲ」です。

上ヒゲの先が「その期間」の最高値で、下ヒゲの先が「その期間」の最安値になります。

陽線の場合

例えば…ある一定期間を1日で、始値1000円 終値1050円 高値1100円 安値900円の場合

このように始値より終値の株価が上がった状態で取引がおわったら、ローソク足は白。つまり陽線になります。

陰線の場合

例えば…ある一定期間を「1日」で、始値1000円 終値950円 高値1100円 安値900円の場合

このように、始値が終値よりも株価が安く終わった場合はローソク足は黒。つまり陰線になります。

ローソク足の形状から株価チャートを読む

そうきち
そうきち

ローソク足からの情報はローソク足の色(陽線・陰線)や長さ、上ヒゲ・下ヒゲのバランスなどの形から読みよることができます。

息子
息子

どうやって?

そうきち
そうきち

以下のパターンが最低限知っておきたいパターンになります。

陽線でローソク足が長いと超強気のサイン。逆に陰線でローソクが長いと超弱気のサイン。

ローソク足の長い短いでトレンドの勢いを図ることができます。長いと勢いがあって、短ければ短いほど、勢いが弱いサインです。

上ヒゲ・下ヒゲのバランスも見逃せません。下ヒゲが長い状態は買いの意識が強く、強気のサイン。上ヒゲが長いのは、売りの意識が強く、弱気のサインが出ていると読むことができます。

早速、ローソク足から株価チャートを読んでみよう。

そうきち
そうきち

冒頭のローソク足のチャートを見てみましょう。

そうきち
そうきち

まず、左側の長い陽線。この陽線は長いから強気。この陽線をきっかけにしてしばらくの間は株価上昇が続いています。

そうきち
そうきち

株価がある程度上昇した後、利益を確定したい人達の売りが多くなって、長い陰線になっています。その後も陰線を引きずっています。

そうきち
そうきち

右側の部分。短いローソク足が続いています。売買の勢いは無し。これは、買うか買わないか迷っているところ。一番右端が「陽線」となっていますが、「短い陽線」がもう1本、2本続くようだったら、株価上昇トレンドになる可能性があります。

そうきち
そうきち

チャートのトレンドに無視したようにと突発的に上振れしたところ、下振れしたところは、ニュースなどのイレギュラーなことが要因だと思うよ。

息子
息子

でもチャートの動き…必ずしもローソク足のサイン通りじゃないけどところもたくさんあるよ。

そうなんです。必ずしも株価チャートはローソク足のサインだけでトレンドを読み取ることはできないんです。

株価チャートはローソク足だけではない?

株価チャートの構成はローソク足だけではなく、「移動平均線」「出来高」の曲線グラフで構成されています。

赤・ピンク・グリーンの曲線が「移動平均線」です。で左側に棒グラフみたいなのが「出来高」です。ローソク足と移動平均線と出来高からそれぞれの情報を読むことで株を買うのか?売るのか?それとも様子見か…ジャッジを繰り返してく…これが基本の動きになるかと思います。

そうきち
そうきち

ベテランの個人投資家やプロの人達はたくさん株価チャートのパターンを熟知しているはず…。

もちろん予想した流れと逆に進んでいく場合もあります。相場と読む精度を上げるにはローソク足だけではなく、移動平均線や出来高の指標ももちろんのこと、経済ニュースなども含めて総合的に考える必要があります。

そうきち
そうきち

いきなり、ベテランの個人投資家やプロの人たちと同じレベルで株価チャートのトトレンドを読むのはできるわけがありません。

まずは、実際に株を買わないで、いろんな銘柄の株価チャートをチェックしていくことでシュミレーションを繰り返すことおススメします。

おねえちゃん
おねえちゃん

何事も慌てずに。

まずは練習からだね。

息子
息子

うん

タイトルとURLをコピーしました