寝るの最高!

質の良い睡眠を

決算書の見方(PL・損益計算書)

投資
投資

前回の「決算書の見方(バランスシート)」に引き続き、今回はPL・損益計算書の見方になります。損益計算書は私の職場でも良く登場します。私の職場では月毎、且つ、部門毎に発表されます。私にとっては損益計算書こそ、毎月発表される成績表と捉えています。

プロフィールでも紹介しましたが、私は食品スーパーでの「パン部門」に所属しています。パン部門は設備も人件費も掛かり…その割には売上は少々…いわゆる儲けを出すのがとても困難な部署なんです。特に一番下にある「純利益」を視るときはいつもドキドキです…。

今回はそんな「損益計算書」について案内していきたいと思います。(本で読んだことなど、自分なりに理解したこと。)

PL(損益計算書)の構成

企業によってまちまちだと思いますが、おおまかな構成は以下の通り。

売上高売上のこと。
売上原価仕入れ高。売上を作るのに直接関わった原価。
売上原価=(期首在庫+仕入れ高)-期末在庫
売上総利益粗利高のこと。売上総利益=売上高-売上原価
販売費・一般管理費売上を作るのに掛かった費用。経費。人件費・宣伝費・家賃・交通費など。
営業利益営業利益=売上総利益-販売費・一般管理費
営業外収益本業以外で得た利益のこと。雑収入・資産運用など。
営業外費用販売費・一般管理費以外で掛かった費用。
経常利益本業・本業以外も含めて経営活動によって得た利益。
経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用
特別利益臨時に発生した利益。
土地売却益など。
特別損失臨時的には発生した損失。
火災による損失など。
税引き前当期純利益法人税等を引かれる前に利益。
税引き前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失
法人税等法人税・事業税・住民税など。いわゆる税。大体35%前後が多い。
税引き後当期純利益税金を引いて最後に残った利益。

「売上総利益」は業種によって様々。それよりも重要視するのが「営業利益」になります。

企業が公表するのは「年単位」が多いです。月商ベースで調べたい時は12で割るといいです。

バランスの良いPLとは?

  1. 売上高⇒バランスシートの資産合計と比べて少なすぎないこと!
  2. 販売管理費⇒役員報酬・人件費・減価償却費がしっかり計上されていること!
  3. 営業利益⇒売上高の5%以上!
  4. 営業外収益⇒多いほど良い!(当たり前か…)
  5. 営業外損益⇒少ないほど良い!(当たり前か…)
  6. 経常利益⇒売上高の3%以上!
  7. 純利益⇒バランスシート・右下「利益剰余金」に累積されていく。

上記の事を踏まえると少しは分析しやすいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました